スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小松田漫画2

2009年10月04日 04:39

先日の続き。
なんだかちょっとうpるかどうか迷ったのですが

やっぱり間開くと駄目ですね。勢いで描いてしまわないといけませんね。

前半よりもコマ多くなってしまいました。
最初からコマ割してちゃんと描けば良かったかな;

勉強になりました。

さらっと漫画描けちゃう人ってすごい。
ラフでもそれっぽい人とか。

・あいかわらずめっそりクオリティ
・小松田が欝っぽい
・思った以上に利コマっぽい
・輪をかけて絵柄不安定
・輪をかけて字が団蔵


例によって続きにて。


追記:
アニメ見ました。
なんかタイムリーすぎワロタ。
水軍の素質半端ねえww
とろ20
とろ21
とろ22
とろ23
とろ24
とろ25
とろ26
とろ27
とろ28
とろ29
とろ30
とろ31
とろ32
とろ33
とろ34
とろ35
とろ36
とろ37
とろ38
とろ39
とろ40
とろ41
とろ42
とろ43
とろ44s
とろ45



そしてサイドワインダーぶりに磨きがかかる小松田。

ぼくはここに居ていいんだ的なアレ。
そしてついガンダムネタを混ぜてしもうた
原作小松田の「お兄ちゃん」呼びが好きです。ブラコンっぽくていいよね。

利吉小松田ともにほぼ初書きに等しい感じでした。(利子は何度か描いてるんですがw
吉野先生も。
楽しかったです。



どうしても書かずにおれなかった言い訳反転。
途中自分でもなにが描きたかったのか分からなくなってなんか投げやりっぽくなってしまいました・・・
コマ増えるのを気にするあまり説明不足な感じもありますし。
コマ数は前半後半あわせて予定の2倍半になりましたw
ホントに普通にコマ割れば良かった

そして最初と色々路線変わりすぎて「蕎麦屋」ですらなくなった
でもって最後の最後で入門票持ってる手が逆でした。
・・・持ち替えたんだよ!



ここまで読んでくださった方ありがとうございました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ninosakiaji.blog98.fc2.com/tb.php/164-9905b0d6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。