スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽く(?)龍/騎感想

2011年03月06日 01:32

(特撮カテゴリまとめ中。ちょっと前に別所で書いてたものなので時期が前後してます)

龍/騎を見終えて。
放送時も見てたんですが、終盤まで見てたにもかかわらず、最終回付近がちょうどセンター試験とかあって見れてなかったのです。
当時はむしろ姉がはまっていて、私はその前年度のア/ギ/ト派だったんですが。
何で当時そこまではまらなかったんだろう。

各々キャラが立っているのですが、とりわけ王/蛇の浅/倉が凄く良いです。
当時もおもろいキャラという認識はありましたが、ここまで味のある奴だとは思わなかった。
萩野氏の他出演作も見たくなったじゃないか。
シ/ャン/ゼ/リ/オンとか180度違うキャラらしいがギャップを見てみたいので。
あと声がいい声だなと思っていたら、一作だけだけどアニメ声優もしているのですね。
勇午で主役とか。




今更未見でかつ今後見る予定がある人がここ見てる可能性もあんまりないとは思いますがw
一応。がっつりネタバレてます。





浅/倉。
よく悪役で、でも実はいい奴なのかな?とか、実は可哀想な奴なのかな?とか、実は人間らしい感情を持ち合わせているんだな、とか、そういうエピソードが盛り込まれる作品って結構多いと思います。
浅/倉にも一見そういう雰囲気のエピソードが何度かあるんですが、オチで
全然そんなことはなかったぜ!
となるのが素敵。そこにしびれるあこがれる。
実の弟を回りくどい仕込みで心許させかけといて確実にとどめさしたあたりとか騙されたもの。
少女助けたくだりはまあおとりに使ったんだろうなと思いましたけど。もう騙されないぞ!(実際はどう解釈してもらってもおkなエピらしいですが)


最終回の雰囲気がとても気に入っています。
いわゆる鬱エンドでバッドエンドですが(世界一巡して一応何事もなかった世界になってたみたいですが、あれはハッピーエンドとは言わないと思うので)
各々のラ/イ/ダーの死に様がなんとも言えず。
(考えてみれば終盤生き残ってたメイン4人の中ではっきり死んだとわかる描写があるのは主人公の真/司だけですが)
真/司は一応主人公なのに最終回前にあっさり殺しすぎなんではと思いましたけどもw
ようやく自分がラ/イ/ダーとして叶えたい願いに気づいたと思った矢先、とか・・・

あれだけ人の食い物奪って、ムール貝殻ごと食らって、ヤモリの丸焼き食らって、ベノの酸喰らっても乗ってた車爆破されてもしぶとく生き残ってきた浅/倉が、北/岡との決着に執着した挙句、それが叶わなかったとわかったら包囲網へ鉄パイプ一本で自棄のような生身での特攻、四方から狙撃されて無音演出の中あっさり崩れ落ち、鉄パイプの音だけ響いてるのとか(息切れ)たまりませぬ。

北/岡はなんだかんだで最後いろんな人間からデレられて(身も蓋もない)、戦いとは関係なく結局病に倒れたという、ある意味ラ/イ/ダーの中では幸せな死に方だったかも。
ゴ/ローちゃんに看取ってもらえたのだろうしな。
ソファに横たわる北/岡が持たされた花と、待っている令/子さんの目の前に挿してある花が同じなのも月並みながらにくい演出ですね。


一巡世界(勝手に解釈)で東/條が真/司にぶつかって「ごめんね(謝る気なさそうな感じで)。大丈夫だよね?」で立ち去り、続けて浅/倉にバイク蹴飛ばされなシーンは面白かったけど逆にしんみりしてしまったよ。
結局成長した神/崎兄妹が存在しない世界が幸せなのか。
まあ神/崎兄がやらかしたのがそもそものおこりなんだからそうか。
おばさんしかいなくて、かかってる写真には幼いころの兄妹しか写っていない花/鶏がなんか寂しい。
真司の注文でのやりとりが面白くしてあればあるほど。




ラ/イ/ダー13人も出てきて一人残らず死ぬというなんともはやなシナリオですが、概ねそれぞれ印象に残る死に際だったなあと思います。
正直ベ/ル/デの死に際はリアタイで見たっきりで覚えていないが。
(その後見ました)
自業自得ではあるけど一番哀れっぽい消え方(文字通り)をしたのはイ/ン/ペ/ラーかなやはり。
ニコにもトラウマ回的なMAD上がってたしな

劇場版のフ/ァ/ムも、ああいう紅一点にありがちな持ち上げ方をされるでもなく、一人孤独に死んでいったあたりやるなと思いましたです(オフィス街で死んでいても、通勤中の誰も気にも留めない)

劇場版といえば、ア/ギ/トの主要メンバーがそろって友情出演しててビックリ。
ア/ギ/ト本編でもなかなかの不幸っぷりだった葦/原役の友井がまた理由なく浅/倉にぼこぼこにされてて哀れだったw





週末深夜テンションで書いたら長くなりました。


現在、当時姉が買っていたパンフやら写真集やらが役に立っておりますw


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ninosakiaji.blog98.fc2.com/tb.php/461-d5451aaf
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。