スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなるんやー

2011年07月17日 14:55

引越しの準備中ですが。PC移動する前に休憩。
既につぶやきとかしてるんですがタイバニについて思いつくままわりと真面目に感想。
一応ネタバレ。長いです。


すごく面白くなってきたけど、鬱でなかなかつらい展開だァーッッ

例えばこれが、アニメ版ハーメルンとかで展開されてたら、

それは と っ て も 手 ぬ る い な って。

思うんですけど。

1期はなんだかんだで基本王道&最終的にはハッピー&コメディな感じだったので、そこからの突き落としがな。
しかも2期も開始はコメディ色強い話だったから俺としたことが油断しちまったぜ。
それがちょっとずつ不隠になり先週のスカイハイの話で突き落とされたかと思ったら今回更に叩き落された。
ジェイクが出てきてまだ正体不明かつレジェンドの消息が不明だったとき、ひょっとしてあれレジェンドなんじゃないのかとか疑ったこともあるので、それなりに覚悟はあったはずなんだが。


まさかの、能力なくなって、焦って八百長と酒におぼれた挙句DVに至って、今まで悪を許すなと教えてきた息子に焼き殺される展開
しかも息子がまさかのユーリで(確かに髪の色似てるわ)、トラウマ的な正義感からルナティックになって犯罪者殺して回ってたりする結果になっているとか。
ギャグかと思ってた、「顔にグローブついてんぞ」ネタが父につけられた火傷痕とシンクロしてたりとか
DV受けてた母親は半狂人と化してて、自分に暴行した夫は庇って息子憎んでるとか
「あの時は夫もつらかっただけで、いつか優しい夫に戻るはずだったのに(慢性的DV家庭の定番)お前が殺したんだこの悪魔」とか、「私も殺すつもりなのか」とか、彼女にしか見えてない理想の家族と楽しげに食卓囲んで団欒してる図とか。
・・・ちょっとクシャナの母を思い出した。そこに至る過程が違うけど。

おじさんもいよいよ追い詰められてて痛々しい。
表面上はわりと冷静だけど、能力が減弱していく過程を記録したメモの、訳されて無い部分。
よく見たら

Should I do?
とか
Should I prepare for the worst?

とか書いてあってやな・・・

記録更新で絶頂期のバニーと、
雑魚にやられてごみだめの中で雨に濡れてるおじさんとの対比が。

しかも夢がどうとかバニーに聞かれてたけど、「娘にかっこいいと思ってもらいたい」って言うのは「これからもヒーローでい続けたい」っていうのとおそらく繋がっていて、バニーは小さいとか言ってやがったけども、今の虎徹にしたら結構大きすぎる夢なんだよなと思う。

しかもヒーローになったきっかけになったはずのレジェンドは、実はあんな結末を迎えてたわけで、失望の度合いいかばかりかと思うけど、やっぱり表面上は冷静に描かれてるんだよなおじさん。

昔は多分なくなってしまえと思っていたであろう能力が、レジェンドに希望をもらったおかげで逆になくすのが酷な状況になって。
でも当のレジェンドもまた能力なくしてから虎徹の理想像であるヒーローから逸脱した行為を行っていたという事実があって。
正直レジェンドにあの時助けられていなかった方がゆくゆく幸せだったのかもしれないとか考えてしまう展開だよ。

とりあえずバニー。そろそろ爆発しようかリア充。




2期からバニーのデレが大変なことになってますが、バニーのデレ方はいつぞやのサブタイのとおり完全に盲目状態なので、尊敬するに至っているはずの虎徹のことがまったく見えていませんね。
デレが酷くなればなるほど、かえって距離がだんだん離れていってる気がするなあ。
その方が面白いんだけど。






あとほぼ生身でヒーローやってる折紙先輩はやっぱりすごいと思いますw
その分目立った活躍は出来てないわけだが


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ninosakiaji.blog98.fc2.com/tb.php/468-808f2d64
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。